豊胸手術による血腫 - 胸を大きく!バストアップの方法

eyecats03.jpg

豊胸手術による血腫

豊胸手術の合併症の一つに血腫という症状があります。

血腫は、充分な止血をしないで手術を終えてしまった場合や必要なのにドレーンを使わずに手術をした場合に発生します。

プロテーゼが入っている場所で出血が起こり、血液の塊が中に溜まってしまう状態です。

経験が豊富な医師がすれば豊胸手術は出血が多い手術ではないので、血腫が起こることは希です。

ドレーンを使用していれば防げる可能性の高い合併症の一つです。

血腫が起こった場合、血液の塊を摘出しなければ、可能性としては比較的少ないとはいえ、手術室の衛生状態が良好でない美容外科などでは、雑菌が入ってしまうと、感染が起こることもあります

感染が起こった場合は、プロテーゼの摘出も必要になってきます。

血腫は、起こる頻度の可能性としては、起こりうるが通常は心配しなくても良い程度なのとはいえ、合併症の一つとして起こりうることを知っておかなければなりません


【サプリメントや手術に頼らないバストアップの参考記事

豊胸アドバイザーの黒谷ゆかり

たった5分!その場でバストアップした驚きの動画が公開されています

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 胸を大きく!バストアップの方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
FX手数料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。