豊胸手術による腫れ - 胸を大きく!バストアップの方法

eyecats03.jpg

豊胸手術による腫れ

どのような手術でも手術を受ければ、切開した部分は大抵腫れを起こします

当然プロテーゼを挿入する手術も例外ではありませんから、かなり腫れを起こします。

腫れる前に圧迫すると大分違いますから、手術後に意識が戻った時点で、バストバンドや包帯で固定します。

この処置は、バストを正しい位置にキープしたり、内出血をできるだけ減らすという役割も果たします。

胸の腫れ具合によって3〜7日は付けたままになり、腫れが完全に治まるまでには、さらに2週間程度必要となります。

きちんと落ち着くまでにはさらに2週間程度を必要とし、約一ヵ月程度かかります。

手術後1〜2ヶ月程度で普通の状態になり、初めてどれくらいバストアップしたのかを知ることができます

脂肪吸引法で手術した場合は、吸引部の腫れは2〜3日目が一番酷く、その後腫れが引いていきます。

手術後約一ヶ月程度は、ガードルやサポーター等で軽く圧迫し続け、その後胸の腫れは1〜2週間程度で引きます。


【サプリメントや手術に頼らないバストアップの参考記事

豊胸アドバイザーの黒谷ゆかり

たった5分!その場でバストアップした驚きの動画が公開されています

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 胸を大きく!バストアップの方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
FX手数料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。